ネットで楽々!買取リサイクルショップについて

デメリットはどんなものがあるの?

キャンセルは難しい?

実際に買取をしてもらおうと製品を発送したのは良いが、よくよく考えると価値のあるものだったのかもしれない。思い直したいと考え、キャンセル依頼をした場合、実店舗だと売却した証明が出来ればすぐに返却してくれますが、通販型リサイクルショップはそうはいきません。
始めに梱包用キットを送付しているので、この時点でショップ側がコストを削っています。そこからキャンセルの送料を負担しては商売が成り立ちません。よってはキャンセル後に製品を送る際の送料はこちら側でも持つ事が大半です。
かなり手続きが進んでしまった場合にはキャンセル料金が発生する事もありますので、こちらも事前に確認した上で発送するのがベストだといえるでしょう。

安く買い叩かれるケースもある

通販型リサイクルショップの多くは高価買取製品をアピールしたり、ピックアップしたりしています。該当の製品であれば高価買取してくれるので、そうではない製品を大量に売却したとしても安く買い叩かれるケースもありますので注意が必要です。
買取担当者の知識の深さになってしまうのですが、例えマニアに人気のある製品であっても高価買取リストに公開されていないものは、通常の製品と同じ扱いになります。もし売却する製品にマニア向けの製品や、ニッチなものがあれば通販型リサイクルショップではなく、専門店で買取してもらうと良いでしょう。
メリットの多いリサイクルショップですが、完全にデメリットが無い訳ではないので使い分けが必要なのです。


TOPへ戻る